多重債務でも借りれるのは
おまとめローンだけ!

借入れ4件以上の多重債務者になるとどこも貸してくれません。

通常、借入件数が4件以上になり、借金総額が150万円を超えると、どの会社も新規の融資をしてくれなくなります。

国は多重債務の借入件数を5件以上と定義していますが、実際の現場では4件以上でも多重債務者とみなされてしまいます。

さらに、新規の融資を断れてしまう原因に「総量規制」があります。

総量規制は2010年6月に貸金業法が改正された際に導入されたルールで、「融資限度額は年収の3分の1まで」という法律です。

多重債務者を増やさないために、貸金業法で制定されました。

つまり、アナタの借金総額が年収の3分の1を超えた額なら、借入件数に関係なく審査には通らないということです。

多重債務者でダメ、総量規制でダメとなると希望が見いだせなくなりそうですが、1つだけ突破口があります。

それが復数の会社から借りている借入れを1つの会社にまとめる「おまとめローン」です!

というのも、おまとめローンは総量規制の対象外だからです。

総量規制にはいくつか例外となる項目があるのですが、おまとめローンは「顧客に一方的に有利となる借換え」に当たります。

結論ですが、4件以上の多重債務者でも借りれるのは総量規制の対象外である「おまとめローン」だけということです。

おまとめローンを提供している銀行や消費者金融

おまとめローンの場合、基本的に1人あたりの取引金額が100万円以上と大口になるので、資金力が強い銀行が主に行っています。

しかし、日本の銀行は元々の体勢が保守派なので、審査も手続きにも時間がかかり、結局、融資までの時間がすごくかかってしまいます。

さらに、銀行ですから、審査にも厳しいです。まず、正社員じゃないと審査に通らないと思っておいて間違いはないでしょう。

一方、銀行のように知名度が高くないけど、おまとめローンを提供している金融機関もあります。

たとえば、中央リテールは知名度こそ低いですが、審査は最短2時間、融資は最短1日と非常に早い融資を提供しています。

さらに、銀行などでお金を借りられない人を相手にしているので、審査も柔軟です。

基本的に審査に落ちると、どんどん信用情報が汚れ、審査に通りづらくなります。

ですから、大企業社員や公務員のようによほど属性に自信のある人は別として、審査が厳しい銀行のおまとめローンよりも、中央リテールのような審査が柔軟な会社から申込むことをオススメします。

借入れ総額が100万円台なら、どの会社も実質年率は上限金利が採用されます。

ですから、おまとめする金額が100〜200万の人は、上限金利の高低で判断するといいでしょう。

中央リテール上限金利が13%と一番低いのでオススメなのです!

パソコン、スマホから365日24時間申込できます。

おまとめローン
会社名 融資額と実質年率 特徴
中央リテール
融資まで早いからオススメ

消費者金融

〜500万円

10.95%〜13.0%
他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。
審査は最短2時間、融資は最短1日。
相談窓口の担当者は全員が国家資格取得者。

日本貸金業協会 会員

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、審査は厳しいです。

銀行と言えば、昔は法人への融資がメイン業務となっていましたが、最近は法人も銀行融資に頼らないところも増えており、銀行は個人への融資にも力を入れています。

銀行の個人融資へのメリットは2つあります。

1つ目は、金利が消費者金融よりも低いこと。

2つ目は、総量規制(年収の3分の1以上の借り入れはできないという規制)の対象外であること。

ただし、銀行ですから、審査は消費者金融よりも厳しいと一般的には言われています。

ただ、総量規制の対象外なので、正社員などで属性が良い人なら、年収の3分の1以上の金額も借りることができます。

安定した職業に付いている人だったり、年収が高い人は申し込んでみる価値はあるかもしれません。

また、正社員ではなく、派遣社員やアルバイトでも、1つの会社で長年コツコツと働き続けている人は、お金を貸す側にとってもコツコツと返済してくれる人と映るため、審査に通ることもあります。

低金利の銀行カードローンでおまとめ
会社名 融資額と実質年率 特徴
スルガ銀行
10〜800万円

3.9〜14.9%
スルガ銀行の口座がなくても申込OK。
昼12時までに契約が完了すれば、その日のうちの融資も可能。
ジャパンネット銀行
〜1000万円

2.5〜18.0%
初回は30日間無利息
専業主婦(女性のみ可)の方でも、配偶者に安定した収入があれば申込OK。
普通預金口座の開設が必要となります。

できるだけ早くお金を借りたいなら消費者金融

審査や融資までのスピードなら、やはり消費者金融になります。

多少は金利は上がりますが、即日融資という言葉自体、消費者金融から生まれた言葉ですし、審査ノウハウは銀行が参考にしているくらいなので、長年、消費者金融として営業している会社は信頼がおけます。

特に、最近の消費者金融は銀行傘下に入っているため、信頼度は昔と比べて数段に上がっています。

金利もだいぶ低くなっているので、できるだけ早くまとまったお金を用意したい人なら、消費者金融で複数のローンを1つにまとめるという選択肢も考える価値はあると思います。

銀行傘下の大手消費者金融
サービス名 融資額と実質年率 特徴
プロミス »
三井住友フィナンシャルグループ

4.5%〜17.8%

500万円
最短1時間融資。
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている場合は「(24時間)最短10秒でお振込可能」。
Web完結なら即日融資も可能、家族にバレずに借りられる。
はじめてなら30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも審査のうえ契約可能。
女性専用プロミス レディース »
モビット »
三井住友銀行グループ

3.0%〜18.0%

800万円
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方なら電話連絡・郵送物がないWeb完結申込がオススメ。

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。
アコム »
三菱UFJファイナンシャル・グループ

3.0%〜18.0%

800万円
初めての方なら30日間無利息
最短30分で審査回答。即日融資も可能。

主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。

おまとめローンも断られてしまったら・・・

多重債務でどこも貸してくれない・・・おまとめローンも断られてしまった・・・消費者金融からも断れてしまった・・・

こうなってしまった場合には、「債務整理」を考えるしかありません。

ただし、債務整理といっても、大きく分けて3つの種類があることを覚えておきましょう。敷居の低いものから紹介します。

1つ目は「任意整理」です。

任意整理とは裁判所を通さずに、お金を借りているローン会社と話し合いをして、毎月の返済額や金利をなくしてもらうように交渉することです。交渉が成立すれば、返済額を減らすことができます。

債務整理の中で最も利用されている方法です。

2つ目は「民事再生(個人再生)」です。

民事再生(個人再生)とは裁判所に現在の借入れの返済が困難であることを認めてもらった上で、借入れ総額を1/5から1/10まで減額してもらいます。それを3年かけて分割返済します。任意整理よりも返済すべき借金は減らせますが、そのぶん手続きが大変です。

3つ目は「自己破産」です。

自己破産とは裁判所を通して、現在の借金をゼロにしてもらうことです。ゼロにはなりますが、その後、海外旅行が制限されたり、土地やマイホームや車を没収されたりと生活に制限が設けられます。当然ですが、その後は金融機関からの信用もゼロになります。

以上3つの債務整理ですが、必ずしも交渉が通るというものでもありません。

そして、自分で申請するにはハードルが高すぎるので、まずは専門業者に無料相談してみることをオススメします。

相談するだけなら0円なので、最初にしっかり知識武装して、自分の今の状況を正確に把握することから全てが始まります。

債務整理を無料相談
サービス 特徴
街角法律相談所無料シュミレーター
無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探せます。
借金を減らす手続きをしてくれる相談所や法律事務所を無料で比較。
匿名可。メールアドレス、電話番号、都道府県。
樋口総合法律事務所
債務整理・借金の相談窓口の法律事務所。
24時間、全国対応。初期費用も0円なので、お手持ちがなくても安心してご相談できます。
日本法規情報 債務整理サポート
全国約1,000事務所、3,000人以上の専門家から法律に関する様々なトラブル相談窓口を無料でご案内するサービス。
土日対応可能。
名前。メールアドレス、電話番号、住所。

おすすめサイト・参考サイト